【全米株式】CRSP US トータル・マーケット構成比率の推移【資料編】

ベンチマーク資料

こんにちはハニミチ(@hanimiti)です。

投資で学んだ知識をみなさんと共有したくてブログを始めました。

はじめて投資をする人ならきっと役に立つと思います。

私と一緒に小さなお金持ちになって、悠々自適な選択できる人生を目指しましょう。

ハリネ
ハリネ

ハニミチさん、こんにちはなの

今日は資料をみせて欲しいの

CRSP US トータル・マーケットなの

こんにちは、ハリネ。

【CRSP US トータル・マーケット】について知りたいんだね。

CRSP US トータル・マーケット をベンチマークにした投資信託やETFは将来期待できる商品が多いからしっかり確認しておきたい指数になるね。

今回は資料を一緒に見て勉強していくから、構成よりも米国株式を詳しく知りたいならこちらで解説しているからね。≫【厳選】投資信託でアメリカ対象のインデックスファンド4選【おすすめ】

一緒に勉強して、コツコツ継続するための力にしていこうね。

今回わかる事

・【CRSP US トータル・マーケット】の構成比率の推移

全米株式の構成比率やその移り変わりを知ることで、自信をもって投資を続けることができるようになります。

【この記事を書いた人】

  • ハニミチ@hanimiti
  • 40代妻子持ちサラリーマン
  • 妻に内緒でFIRE大作戦遂行中
  • 若干ブラックな大手企業に勤務
  • 貯金歴20年のベテラン貯金家
  • 投資歴3年で資産を育成中
  • 家計の支出削減成功
  • つみたてNISA満額運用
  • 企業型確定拠出年金満額運用
  • 全世界株式と米国株式を信頼

※0円で投資の基礎を学んでおくと安心
お金の事を体系的に勉強する機会はなかなかないから、しっかり勉強しておくと自信をもって投資ができるかも。無料のWEB講座もあるから時間がなくても気軽に受講できるよ。

王道を学べると評判の投資スクール!グローバルファイナンシャルスクールとは?

CRSP US トータル・マーケット

右肩上がりを続けている米国株式を対象にした指数になるよ。

CRSP US トータル・マーケットは米国の投資可能な株式市場の大規模、中規模、小規模を対象にした指数になるんだ。その構成数は約4,000銘柄にもなる。

米国株式の約100%をカバーしているんだ。

S&P500との大きな違いは小規模も対象にしていることだね。

楽天VTIやSBI・V・全米株式などが代表的な投資信託になるんだ。

CRSP USトータル・マーケット

運営会社はCRSP社

米国株式の大・中・小企業を対象

時価総額加重平均型

米国株式の約4000銘柄が対象

米国株式の約100%をカバー

2022年構成比率

2022.3.31

2021年構成比率

2021.3.30

CRSP US トータル・マーケット 2021.3.30

2021.6.30

CRSP US トータル・マーケット 2021.6.30

2021.9.30

CRSP US トータル・マーケット 2021.9.30

2021.12.31

CRSP US トータル・マーケット 2021.12.31

まとめ

【CRSP US トータル・マーケット】 は米国株式に広く分散された優秀な指数。

S&P500よりもリターンが高いときもあるから投資信託を選ぶときは検討してみようね。

今後も構成比率が発表されたら記録を残していくね。

 

今回のブログがみんなの選択の手助けになれば嬉しいです。

それではみんなでコツコツ小さなお金持ちになれるようにいっしょに頑張りましょう。

関連: 【厳選】投資信託でアメリカ対象のインデックスファンド4選【おすすめ】

投資をもっと勉強したい人は

投資の知識をもっと勉強したいならグローバルファイナンシャルスクールがおすすめです。

生徒数、講座数が【日本一の投資セミナー】が2時間弱で教えてくれる投資の王道についての講座です。正しい資産形成を始めるために必要な知識を体系的に知ることができます。

短期投資や個別株投資、不動産投資を実践するのにも必須級の知識です。生涯賃金の大幅なアップの切っ掛けになるはず。

今なら期間限定でオンライン講義の内容を無料で確認することができます。

ここから申し込んで最後まで動画を視聴すると特別記念感謝セット【49,200円(税込)相当】も無料でプレゼント!!

さらに、受講料48万円(税別)が30万円(税別)になる割引チケットも当たります。

<特別別感謝記念セット>

  • 受講料48万円(税別)が30万円(税別)になる割引チケット
  • 投資信託 完全攻略ガイド
  • 証券会社徹底比較ガイド
  • クレジットカード比較ガイド
  • 海外銀行マニュアル
  • 過去の収録講義2時間
  • 投資・資産運用の個別相談チケット1回分

まずは解説を確認ください。

グローバルファイナンシャルスクールの解説についてはこちらです。

ベンチマーク資料
hanimitiをフォローする
ハニミチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました