【お悩み】インデックス投資と待機資金の運用比率を決める3つの指針【解決】

はじめての投資

こんにちはハニミチ(@hanimiti)です。

投資で学んだ知識をみなさんと共有したくてブログを始めました。

はじめて投資をする人ならきっと役に立つと思います。

私と一緒に小さなお金持ちになって、悠々自適な選択できる人生を目指しましょう。

ハリネ
ハリネ

インデックス投資をした方がいいのはよくわかったけど
現金をどのくらい持っていた方がいいのかな?
現金を全部投資に回したら効率はすごく高くなるけど、
そんなことして大丈夫かなぁ

資産運用をするときは、どのくらいお金を投資に使っていいのか分からないよね。

ハリネの言うとおり効率だけを考えればフルベットなんだけど、

不測の事態で現金が必要になると投資を途中で止めないといけないかもしれないからね。

今回は投資と待機資金の運用比率の決め方についてお話しするね。

今回わかる事

・待機資金の目安

・生活に必要な資金の目安

待機資金を適切に設定できるようになれば、生活に必要な資金を確保して、資産運用をしっかり行いながら、相場の下落局面に投資商品を購入するための資金を確保することができるようになる。

【この記事を書いた人】

  • ハニミチ@hanimiti
  • 40代妻子持ちサラリーマン
  • 妻に内緒でFIRE大作戦遂行中
  • 若干ブラックな大手企業に勤務
  • 貯金歴20年のベテラン貯金家
  • 投資歴3年で資産を育成中
  • 家計の支出削減成功
  • つみたてNISA満額運用
  • 企業型確定拠出年金満額運用
  • 全世界株式と米国株式を信頼

※0円で投資の基礎を学んでおくと安心
お金の事を体系的に勉強する機会はなかなかないから、しっかり勉強しておくと自信をもって投資ができるかも。無料のWEB講座もあるから時間がなくても気軽に受講できるよ。

王道を学べると評判の投資スクール!グローバルファイナンシャルスクールとは?

生活資金はどれくらい必要なのか

現金は生活に絶対に必要な存在だよね。

この生活資金としての現金は人それぞれ必要な金額は違うから、

1カ月にいくら必要なのか確認しておく必要があるね。

おすすめの確認方法はクレジットカードだけで一度生活してみる事だよ。

クレジットカードは使用履歴が簡単にわかるから家計簿を付けなくても生活費が簡単に出せるんだ。

細かい出費は覚えないといけないけど、生活費を確認する一番簡単な方法だね。

楽天証券で投資を行っているのなら楽天カードを作っていると思うから、試してみるといいよ。

オススメのクレジットカードは楽天カード

・楽天ポイントが貯まりやすい

・楽天ポイントを使えるお店もたくさんある

年会費無料新規入会でポイントプレゼント

楽天カードなら家計管理しながらポイントも貯めれるから一石二鳥なんだ。

日本人の平均的な生活費は30万円程度なんだけど、生活資金は6カ月分の180万円程度あれば緊急事態でも対応しやすくなる。

生活資金=1カ月の生活費×6カ月

最低でも6カ月分の生活費は投資とは別に確保したいね。

必要な生活費の算出

日本人の平均生活費30万円×6カ月=180万円

これだけあれば事故や病気で入院してもなんとか対応はできると思う。

当然、生活費が高い人はもっと必要だし低い人はもっと少なくて済む。

平均的な日本人の生活費を参考に生活に必要な金額で算出したから、

あくまで参考として扱ってほしいな。

あとね、生活費を投資に回すのは絶対にやめるんだよ。

下落相場の時の精神的なダメージはとても大きいのに、

さらに追い打ちで生活が苦しくなるダブルパンチになってしまうよ。

投資に待機資金はどれくらい必要なのか

投資に待機資金はどのくらいあれば適正なのかを考えてみよう。

株式投資は全世界や米国を対象にすれば最終的には右肩上がりになるから、

投資用の資金は全部投入するのが正しい。

ただ、下落相場がきて投資商品購入の絶好の機会が来たのに手元の現金がなくて投資ができない。

こういう状況になると待機資金がなくて投資の機会を損失してしまうんだ。

投資用の待機資金を準備しておきたい人

①投資の機会をしっかりと見据えることができる人

②投資対象の分析や調査に時間を使うことができる人

投資用の待機資金はあまり多くし過ぎると資産運用の効率が落ちてしまうから、20%程度を待機資金にするといいよ。

一度の投資のタイミングで投入する資金は多くても、全体の5%程度にしておくと失敗しても挽回しやすい。でも、投資のタイミングを計るのはとっても難しいんだ。

投資の勉強をしっかり続ける時間のある人じゃないと待機資金の効果的な運用な難しいよ。

だから、投資用の待機資金を持たない資産運用でも大丈夫

その分、効率よく資産を運用していることになるからね。

投資対象としての現金はどれくらい必要なのか

投資対象としての現金といわれてもわかりにくいかな。

現金は無リスク資産に分類される投資対象でもあるんだ。インフレリスクはあるけどね。

今までは債権や金は株式と反対に動く投資資産だという認識があったんだけど、

最近の下落局面では株式と一緒に下落していることも多いんだ。

そんなときは現金を保有するのが正しい投資運用になる。

日本円に限らずいろいろな国のお金を分散投資することはリスク分散にもなるから、

現金を一部資産運用として確保しておくのはいいことだね。

とはいえ資産運用の運用効率は株式が一番高いから全体の20%程度に押さえておきたいな

状況によっては待機資金として使うこともできるから、待機資金10%、現金投資10%として配分してもいいと思うよ。

まとめ

インデックス投資と待機資金の運用比率をどうやって決めるかわかったかな。

資産運用比率

現金は生活費に毎月の6カ月分を確保する。

待機資金と現金投資分として全体の20%を確保する。

そして、残りは資産運用にまわすと効率よく投資ができると思うよ。

あくまで参考値だからみんなで自分に合った割合を決めてほしいな。

ハリネ
ハリネ

しっかり、よく考えて自分で決めるね

今回のブログがみんなの手助けになれば嬉しいです。

それではみんなでコツコツ小さなお金持ちになれるように頑張りましょう。

投資をもっと勉強したい人は

投資の知識をもっと勉強したいならグローバルファイナンシャルスクールがおすすめです。

生徒数、講座数が【日本一の投資セミナー】が2時間弱で教えてくれる投資の王道についての講座です。正しい資産形成を始めるために必要な知識を体系的に知ることができます。

短期投資や個別株投資、不動産投資を実践するのにも必須級の知識です。生涯賃金の大幅なアップの切っ掛けになるはず。

今なら期間限定でオンライン講義の内容を無料で確認することができます。

ここから申し込んで最後まで動画を視聴すると特別記念感謝セット【49,200円(税込)相当】も無料でプレゼント!!

さらに、受講料48万円(税別)が30万円(税別)になる割引チケットも当たります。

<特別別感謝記念セット>

  • 受講料48万円(税別)が30万円(税別)になる割引チケット
  • 投資信託 完全攻略ガイド
  • 証券会社徹底比較ガイド
  • クレジットカード比較ガイド
  • 海外銀行マニュアル
  • 過去の収録講義2時間
  • 投資・資産運用の個別相談チケット1回分

まずは解説を確認ください。

グローバルファイナンシャルスクールの解説についてはこちらです。

はじめての投資
hanimitiをフォローする
ハニミチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました